ドライバーの募集

タクシー業界の平均給与の推移については、どの様になっているのでしょうか。 いろいろなデータの取り方があり、地域性ももちろんあるようですが、年収平均で300万円前後といったところでしょうか。この10年ほどでは、物価が下がるデフレ傾向にあったにもかかわらず、300万円前後で安定しており、平成18年19年頃は、さらに1割ほど高い年収であったこともあるようです。 二種免許取得という関門さえ通過すれば、仕事をしていけるのでそういった意味では比較的安定した業界であるといえましょう。 どうしても、歩合制という業界の性格上年収の開きが出るのは仕方ありませんが、言い換えればやれば増えるというやりがいのある仕事であるともいえます。

タクシー業界への就職はどのようにするのが普通でしょうか。通常は、ハローワーク、求人誌等からの探すことになるかと思いますが、近頃はタクシー業界就職を支援するサイトを運営している先があるようです。 これは、求人先を一堂に管理しているおり、非公開求人もあるようです。さらに応募者とタクシー会社の間に立つことで、求人者の事情に合った会社を紹介したり、逆に一定のレベルの求人者をそろえることが出来るようになっているようです。これは、例えば東京地区への就職時に地理試験がありますが、その対策を事前に支援することが出来るようです。こうすることによって、スムーズな就職に結びつき、その後の就業にも役立つことが出来そうです。